アフィリエイト用記事作成サービス

HOME < 執筆スタッフの言葉

執筆スタッフの言葉

<<執筆スタッフの言葉1Home

オリジナリティのある内容を、エンターティンメントの精神で書く


記事作成で心がけていること


54歳女性

記事作成に当たって気をつけていることは、第一にオリジナリティのあるおもしろい内容を、エンターティンメントの精神で書くということです。

親しい人におもしろい話を聞かせて楽しませ、もてなすような、そんな気持ちで書くことを心がけています。

多くの記事を書くので、内容がかぶらないように、興味深いネタを拾うことも日常的に気をつけていることです。

カフェや電車内で聞こえてきた会話、出来事、新聞や本や映画やドラマの話題など、四方八方興味を全開にして、おもしろい話、奇妙な話、人を引き込む話を自分の中にどんどんストックしていきます。

もちろんクライアント様から、事業説明・紹介をしてほしいというご要望や、逆に宣伝的な内容にしないでほしいというご要望があった場合は、ご趣旨に沿った文章を書いていきます。


第二に、読みやすい文章を書くということです。

正確な文章をワンセンテンスごとに短く、たたみかけるように書いて、読む人の頭に入りやすいよう工夫しています。

改行や行明けなど、記事のレイアウトにも気を配って、視覚的にも読みやすいデザインになるようにしています。


第三に、いろいろな立場の方がいらっしゃるわけですから、読んだ方が不快にならない文章を心がけています。

おもしろい内容にするといっても、批判を浴びるようなものでは困りますから、良識や常識からはみださない内容にすることは、一番重要なことだと思っています。


以上の三点を課して、あとは頭でこねまわさずに自然な流れで出てくるものをまとめていくと、読みやすい記事になるようです。


読み手を意識した、分かりやすく、魅力的な記事作成


記事作成で心がけていること


20歳女性

記事作成をしているうえで楽しいことは、様々な情報に関する、深い知識を持つことが出来ることです。

記事作成の仕事をしていなければ目を通す機会のなかったようなたくさんの情報に触れることが出来、世界が広まりました。

難しいと感じることは、「正しい情報を読む人に提供する」という大前提に立ったうえで、魅力的な文章に仕上げることです。

記事の中に盛り込まれている情報がいかに良質なものであっても、書き方次第で、情報の魅力は半減してしまいます。

情報収集とは、ただ知識を頭に詰め込むことではなく、仕入れた情報を理解し、自分のものにすることです。

情報が「自分のもの」になった時、はじめて魅力的な文章を書くことが出来ると感じています。

ですから、情報収集の際には、情報を自分の頭の中で理解、整理することに時間をかけています。


わたしにとって文章力とは「難しいことを分かりやすく説明する力」です。

読み手を意識した、分かりやすく、魅力的な記事作成をこれからも心がけていきたいです。


記事はお客様への大切な商品です


記事作成で心がけていること


38歳女性

記事作成を経験していて感じていることは、色々なテーマやキーワードを使ってものごとを調べる事によって、自分の知らない様々な知識が身に付いたことが、記事作成をする上で自分にとっても大変良い経験となっています。

またそういった経験をすることで、記事作成の意欲に益々拍車がかかるのではないかと思っています。


また文章を作成している上で気をつけていることは、文章のイメージを大事にしていることです。

SEOにとって、文章そのものがお客様への大切な商品だと思っています。

ですからお客様が文章そのものに興味を持って読んでいただけることを第一に考えて文章を作るように心がけています。

言葉の言い回しや問いかけなど、お客様が文章に引き込まれる様に常に意識をしています。


今まで作成してきた記事は、美容や健康、医師や看護師転職、探偵事務所などがあり、どれもやりがいがあり、楽しく作業することができました。これからも様々な分野に目を向けてお客様のお役に立てるような、喜んで頂けるような記事作成をしていきたいと考えています。


キーワードいかに上手く記事に盛り込むことができるか?を意識して


記事作成で心がけていること


39歳女性

文章作成の仕事をはじめて約2ヶ月。楽しい部分もあり難しい部分もあります。


ふだんの記事作成で注意していることは、お客様から指定されたキーワードをいかに不自然ではない感じに記事に盛り込むことができるか?

自分になじみがあるキーワードの場合は、直観力、閃き生かし、自分の言葉で思いついたままを書くようにしています。勢いで書くので短時間で終わります。

ところがキーワードによっては初めて聞く言葉や専門性の高いものがあるので、その際は調べ物をする分時間がかかってしまいがち。

詳しくないキーワードで記事を作成する場合は、調べ物をした文献の中から文章を構成しなおすと言う書き方をしています。


それと気をつけているのは、「文章としておかしくはないかどうか?」ということ。作成後は見直して、変なところは気付いた時点で直すようにしています。

また勢いで書いていると、うっかりと字数を超えてしまうことが多く、その際は泣く泣くカットして指定された文字数にしています。


難しいのは同じテーマばかりで10記事、20記事の文章を書く作業でしょうか?正しい情報を盛り込まなければならないので、そのテーマに詳しくない場合は本当に苦しいですね。


得意な分野はやはりブログ記事作成です。特に旅行、観光、食べ物ネタが好きなので、ついつい記事の内容もそちらの方面に結び付けてしまいます。

楽しいと感じるのは、短時間で満足できる記事が書けたとき。「やったー!」という気持ちになります。


ずっと前から文章を書くことを仕事にしたいという希望があったので、この仕事に就けたことは大きな喜びです。これからも文章を書き続け、精進していきたいです。


どのようなかたが読んでも解りやすい文章作成を心がけています


記事作成で心がけていること


54歳女性

小説やシナリオ、童話などを書いているため、文章作成にはかなり自信を持っていました。

しかし、キーワードを入れつつ字数を制限されながらもお客様のニーズにあった文章を書くことは、なんて難しいのだろうと日々感じています。

毎日書き進めていくうちに、「ああ、これは小説やシナリオなどの創作文章と同じなのだ」と、それぞれに共通点を見出しました。


小説などの一般的な創作文章は、自分の心の奥底にある心情を読み手にいかに解ってもらえるかが一番の勝負です。それには、多少のユーモアとペーソスも必要です。

キーワードについての文章作成も、お客様の仕事に対する熱い思いを、パソコンのホームページやブログなどを通じて読んで下さる一般のかたへ伝えられればいいのだと思いました。「これは面白いけれどなかなか深い文章だ」と思っていただけたら幸せです。


お客様は、医学や法律、建築や服飾関係、美容業界など、様々な分野で専門知識を用いて活躍、社会貢献をされていいます。与えられたキーワードも、私がよく知っている言葉ばかりではありません。

言葉の意味をも含めて、依頼していただいたお客様の仕事内容や、一番表現したいことなどを調べることから始めます。そして、できるだけ平易な文章で、多くの読み手が興味を持ってくれて心地よいと感じられる表現方法を心がけて書きます。


もしかしたら、小学生や中学生、高校生も読んでいるかもしれませんし、高名な政治家やその道の専門家が読んでいるかもしれません。そう思うと、大変やりがいのあるお仕事だと思います。

一昨年亡くなられた劇作家の井上ひさしさんは、「難しいことを平易な文章で伝える天才」 といわれていました。戦争を扱った舞台シナリオ(父と暮らせば)も、巌流島の戦いを描いた(ムサシ)も、暗くなりがちな重いテーマなのに、見た後でほっこりじんわりと心に沁みました。


キーワードをよく調べて工夫して書くということは、自分の感性や表現の方法を磨いてくれることに気が付きました。普段書いているシナリオや小説などにもそれは生かされていますし、職人さんと一緒で、毎日文章を書くことで技術や感じ方も深くなっていきます。

毎日いただいているキーワードを調べて書くことは、私にとってはお仕事でもあるのですが、勉強をさせていただくためのチャンスでもあります。

これからも、いただいたキーワードについて、多くの人が楽しいと感じて興味を持って下さるような文章を作成していきたいと思います。

心に残る魅力的な記事を作成していきたい


記事作成で心がけていること


38歳女性

「情報は発信者次第で如何様にでもなる」

これが、私が記事を作成する上で、念頭に置いていることです。

これだけインターネットが普及している時代ですから、調べようと思えば何でも調べられますが、反面、情報が溢れすぎていて、取捨選択が難しい。

その上、正確さに欠ける情報も多数掲載されていたりしますから、受け取る側には手に負えません。

情報を発信する者こそが、根拠に基づいた正確な情報を発信していかなければいけないのだと肝に銘じ、常に真摯な気持ちで記事を作成することを心がけています。


時に、非常に難しいと思われるテーマを担当することがあります。

そんな時には、インターネットだけでなく、書籍等をフル活用したり、自分で実際に試してみたりと、下調べに普段の何十倍もの時間をかけてはいますが、そんな下調べは、楽しくもありますが、正直、結構ハードです。


一方、例えば、美容や健康に関することなど、このお仕事を始める前から興味があって、すでに自分の中に引き出しが沢山存在するものに関しては、あれもお伝えしよう!

これも伝えたら喜んでいただけるのでは?

と、引き出しをフル回転させながら、新しい知識も加味しながら、とても楽しく書かせていただいています。


まだまだ駆け出しです。日々模索しています。でもきっと、ベテランになっても模索し続けると思います。それが記事を作成するということだと思っています。

日々模索しつつ、正確な情報発信に対して真摯な姿勢を貫きつつ、世の中に役立つ記事、心に残る魅力的な記事を作成していきたいと思います。


記事を読む方――ユーザーの方の視点に立つこと


記事作成で心がけていること


20代男性

その上でやっていることですが下記になります。

1.決定的な商品の評価は書かない

十人十色、人の好みはその人そのひとによって異なります。

商品・やサービスを強引に押し付けてしまうと反発なされる方もいらっしゃると思います。

押し付けるよりはユーザーに問いかけ、ご自身で考えてもらい、納得したうえで行動を起こしていただけたらなと思っています。


2.自分の思いや体験に絡めて書く

かといって、1だけでは、情報を求めて見ている方には無価値になってしまいます。

そこで、実際に自分が一ユーザーとなってみた場合どう感じるか。

もしくは、こういった体験がありましたなどを書かせていただいています。

体験をしていなければ、そのことについて調べ、自分なりに思ったことや感想などを正直に書き出しています。


3.出来事は創らない

代行を依頼される記事の商品・サービスなどは実際にあるものです。

記事を読んだお客様が、それらに興味を持っていただき実際に買ったり体験したとき。

ユーザーに全然違うなどとクレームなどを言われても、事実ですので正直にお話できます。

上記3点を基本としておけば、記事自体を作成する時間自体は大してかかりません。

なので、興味を持っていただけたり、面白く読んでいただけたらいいなと思い、記事の書き方は色々なパターンで書かせて頂いてます。

また、キーワードに関しては強引にたくさん入れるということはしていませんが、なるべく不自然ではないように入れれる限りは入れるようにしています。

<<執筆スタッフの言葉1Home

HOMEお問い合わせお申込み執筆スタッフの言葉会社概要相互リンク